解決!!全ては「押さえる」意味の履き違えにあった

昨日一昨日と抱えていた、指で押さえながらピッキングすると音が出ない問題が解決しました。結論を言うとすごく情けない話です、何があったのか……

この3日間、弦を「押さえる」ことを履き違えてました。指で弦を押さえてたとき、奥(ネック)まで押さえてなかったです。
できなかった時の写真を一枚としました。赤丸を見ると、弦とネックの間に隙間があります。

moblog_e4216412.jpg

ものすごく恥ずかしい…一般常識の問題ですねコレ…弦が弛んだ状態だと音が消えてしまうのは当然ですね(糸電話と同じ原理)

指を(ネックまで)押さえてピッキングしました。弦が張った状態になるので音がなりました、めでたしめでたし

なんの苦労だったのか…ちなみにいままでやってた指を弦に軽くそえて弾くのもギターのテクニックとしてあるようです(「ミュート」って単語のままですね)。
これについて別途調べてみようと思います

3日間へんな苦労でした、単純な履き違えですね。これからも頑張ります。

にほんブログ村 音楽ブログ エレキギターへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です