無い機材は作るのみ!!サウンドプログラミングをかじってみた(前編)

タイトルの最初の9文字だけ見たら「えっ!?何言ってるの?」になりそうですいません。エレキギターを練習していて以下を思ったのがきっかけです。

「エレキギターが弾けた場合でも音源がほしい。。。シンセサイザーはお金かかるし、そもそもシンセサイザーの使い方を習得するだけで苦労しそう」

音楽をやる以上、音源がないと演奏にはなりませんね・・・今は音楽聞きつつ自分で練習するため苦労しないのですが、
いざ披露ってなると「音源の調達はどうする?」ってなります。
これについて最初は①のみ、、、だんだん調べていくうちに以下3つの方法が浮かびました。

① シンセサイザーを手に入れる
② ギターシンセを手に入れる
③ サウンドプログラミングでシンセサイザーを作る

①は本記事の最初でも書いたように何十万とお金がかかるし、
そもそもエレキギター初心者に、そんな知識はかなり負担です。
②であれば割安モノもありますし、エレキギターで解決できるのであればエレキギター自体の練習にもなると相乗効果が出そうです。
(これについても記事最後に【②の補足】として載せています)

ただ今回は③をやってみました、つまり「サウンドプログラミング」に手を付けたということです。
元々、自分自身、学生時代からプログラミングには触れていて、
こういった場面で活かす、、、つまり「無いモノをプログラミングで解決しよう」という発想も一理あるかと考えました。

どう作ったかの詳細は、本ブログのテーマに合わないので以下を参考にしたということだけ載せておきます。
2つめのサイト名の由来はもしかして・・・

・Pythonで音楽 – PyAudioとNumPyで楽器を作ろう
https://news.mynavi.jp/article/zeropython-55/
・とある科学の備忘録
https://shizenkarasuzon.hatenablog.com/entry/2018/12/30/122610

一応上を参考に「ドレミ~♪」と鳴らすプログラム作って、
その上でwavに保存するものを作ったのですが(もちろんfc2に合わせてmp3にコンバート)、
なぜかノイズが入ってしまう・・・・その成果物は以下です。

まぁサウンドプログラミングに触れたのは初めてですし、勉強の余地はありそうです。
エレキギターを練習する過程で見つけた案ということもあり、
サウンドプログラミングにも触れることができたら自分のためにもなるかなと思いました。

色んな選択肢を持って、良い演奏につなげていきたいです。
ではおやすみなさい。

【ギターシンセの補足】
シンセサイザーを探しているときに、「ギターシンセ」という言葉が出てきて、
あれ?自分にピッタリではと思い調べてみました。
Wikipedia先生曰く、ギターでシンセサイザーと同音の音色が出せるとのことです。

ギターシンセには割安のモノがあり、シンセサイザーを持っていないがギターはやる、
今の私にはおそらく現実的な対処方法だと思いました(そして注文しました)。
YouTubeでも紹介があり、今の実力であればこれで十分と思っています。

もし慣れればRolandやBOSSシリーズに切り替えてもよさそうですし。。。
ギターシンセを持って全パート付き(特にキーボード)のスコアさえあれば、
エレキギターでいろいろ弾く練習にもなるので相乗効果がでそうです。

今回はサウンドプログラミングメインでしたが、
今後ギターシンセについても載せれればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。