綺麗なピッキングを求めて!アンプが必要な別の理由に気づく

「アンプがなくても十分演奏ができる」

エレキギター初心者だったら必ず思うであろう…
最初の自分もそうでした、、、家でやってる私としてはアンプを使わない方がいいと思うこともありました。

でも絶対にあるべきだと思いました、アンプは音の増幅とは違う意味もありました。
最近アンプ使いながら1カ月半弾き続けたら気づきましたし、
この辺の話は例のネットサーフィンを使って、プロや経験者のサイトでも調べました。

実はアンプはピッキング練習でもひつようです。生音のピッキングは音が小さいため、
大きくしようとして強く弾いてしまうリスクがあります。
そんな状態でいざアンプを挿すと生音での手癖によってノイズ音が出てしまうようです。

自分も最初は生音で弾いてたので、おとを大きくしようと強く弾いてました。
そもそも音が鳴らなかったのもある
しばらくはノイズ入りでしたし、力んだために演奏にも詰まるところが散見された感じですね。

基本的な手の動きが力を抜いた方が疲れないし、
音が綺麗にもなります。実際スピード感と綺麗なおとを感じます
ガールズコードは…ごめん…むり

皆さんもアンプ刺した状態で練習することを勧めます。
色んなサイトの意見を参考に改善を図った記事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。