コードに慣れるため指板見ずにコードを弾いてみた

前回前々回とコードで2曲弾いてみたのですが、
選曲すごくいいにもかかわらず、私が弾くとイマイチで…

コードチェンジが下手な上に、
譜面付きだと両方チラチラ見ながらっていうのがより、
コードチェンジを遅くしてしまうという問題がありまして…

じゃあ譜面を覚えればというのもあるのですが、
そもそもコードを練習して、
それが体についてないのもどうかというのもありますね…

今回、メジャーコードを指板見ずに弾いてみることをやってみました。
少しでもコード慣れするという手段の一つとして、
ある程度身に付けたほうがTAB譜に注力できるだけでなく、
コードチェンジで指板を凝視する時間が減る、右手のピッキングにも注力できるなど応用効くのではと…

実際に弾いてみたのを動画にしました。
3連続になってしまった…宅録も慣れてないので割と大変

テイク8までとは…やっぱり身体に染みついてないのが分かりました。
最初のCが、うまくいってない時点でなんともと感じるレベルです。

特にミスが多かったのはDコードかな…と思いました。
人差し指と中指はちゃんと押さえてたのに、
薬指がなぜか3、4弦を押さえてしまうというのに引っかかりました。
(本来は2弦)

あとはやっぱりBがキツかったりとか、
なかなか身についてない感を覚えた練習でした。

まだまだ頑張るぞー…ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。