早く弾くテクとしてハンマリングとプリングを練習してみた

今回、エレキギターのピッキングせずに音を鳴らす、
ハンマリングとプリングに手をつけてみました。

ピッキングした後で次の音を指で強く叩くのがハンマリングで、
押さえてる弦をはじくように離すのがプリングのようで、
効率的にピッキングの負担なく色んな音が出せる感が魅力ですね…
てか単語の意味そのまんまじゃん

これを多用する曲も割とあるみたいで、
個人的に印象に残る曲として、fripSideのonly my railgunですね…
あの曲の2番終わりはハンマリングとプリングがかなり使われてます。
てかスコアを初めてみたとき♪の量がやばすぎて引いたんですけど

でも懸念してることがありまして(というか後述の理由でその通りに…)、
ハンマリングやプリングって一瞬とは言え、
弦を指板から離すので音消えちゃうんじゃないかと…
弦が指板から離れる…これでは過去のポンコツの再来に…

一応、教本にはハンマリング前の弦は押さえたままとか、
ミュートにならないためのコツ的なことは書いてあったので、
その懸念も若干は解消できるっぽいです。

じゃあ実際に弾いてみますかと…

なんか微妙です。。。音小さくないですか…
アンプのボリュームを小さくしているのはあると思いますが、
それだったら普通のピッキングだって…となります。
ピッキングした時より小さいのは大丈夫なのかが気になります。

やり始めだし、まだ間違ってる部分あるかもしれないですね…
そして相変わらず指が柔らかいままなのかもしれないですね

テクニックもテクニックである程度練習を詰むことになりそうです。
コードチェンジと並行で頑張ります。

ではではおやすみなさい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。