ただ寝る前にひたすらコード練習する

夜中通過で1日経ってしまいましたね…
仕事疲れなのか夜は爆睡しててあまりギター練習出来ずでした。

だとしてもなんとかやっておきたい練習としてはやっぱりコードですね…
特にFとかは指が柔らかいうちはセーハを維持できるようにしたくて。。。

CからBまでのメジャーコードをひたすら練習してる感じでした。
まあこれだけでもコードチェンジには重要なので…

あまり時間取れない時もこういう練習はしておきたいですね…
“ただ寝る前にひたすらコード練習する” の続きを読む

コードチェンジのスピードアップのためFの特徴を配慮する

前回のギタトレでまだまだスピードがSレベルに追いついておらず、
何がダメだったかを振り返って練習してました。

やはりFコードへの配慮が必要だったかと思いました。
確かに以前、CFGの共通点を利用してある程度、
コードチェンジのスピードを上げるようにしました。

でもここでも出てきたかとセーハが紛れ込んでる上、
中指が3弦、薬指が5弦と2本指に一つの開きがあります。
そのため、以前の中指薬指の位置関係を十分に活かしきれず苦戦しました。

今日もそうでした、、、どうやら上記のフォームの複雑さがボトルネックになってるみたいです。
(Bも同じだけど、ここでは触れません)
そこをスピーディに処理できるかでランクアップにつながりそうです。

頑張ります。おやすみなさい

これまでの記事からFコードのコツをまとめてみた(初版)

エレキギターの難所のひとつであるFコードについて、
結構記事を書いてましたが、そのためにうもれちゃいまして…

まずはこのタイミングで、練習を通して得たコツをまとめちゃおうかなと思いました。
さらに進展あれば、2版とかPDCA回すとか色々あるので…

さてこれまでの経緯から分かるFコードのコツは以下の通りかなと

・コード全般に言えることとしてツメの手入れは徹底
 (関連する記事はこちら)
・Fコードに必須!!1本の指で複数の弦を弾けるようにセーハを練習
 (関連する記事はこちら)
・エレキギター全般に言えることとして体を軸にギターの傾きは斜め45度
 (関連する記事はこちら)
・成功パターンの記録
 (関連する記事はこちら)

こんなものでしょうか…
結局課題として、Fマイナーにコードチェンジしたとき、
セーハが十分じゃなかったようで要改善ですね

今後はちゃんと人差し指で全弦押さえてる感触あるかとかも意識して進めるしかなさそうです。
(そうするとうまく行くような気がします)

でもコードに入れてエレキギター練習が進展した感はあります。
まだまだ2ヵ月でそんなすごいことできませんが、
今後も頑張っていきます。

ボンレスハムの縛り跡!!1本で複数弦を押さえるセーハに挑戦

前回はCメジャーコードのフォームに触れ、
まさかのツメの手入れがそこまで重要だったとは思いもせず、今もエレキギター練習前にツメの長さを確認してます。

この調子で今回もコードだけは…と言いたいところですが、
やはりFコードの難しさはツメきりでは解決しませんでした。
というか一部ツメ関係ないですよね……なぜなら

「人差し指1本で1フレットの全ての弦を押さえる…」

えっ何それ???って思いました。。。
これがセーハ、またはバレーというらしいです。用語的にどっちが主流?

なんかちょくちょくその言葉は出てきてましたね。。。
人差し指で頑張って弦押さえないとダメですね、、、、
Fコードなら特に1、2弦とか。そして意識しすぎて6弦がミュートに…

でもいつもの弾き方意識して、人差し指たてむきで全ての弦を押さえるのは物理的に無理ですね。。。
人差し指を寝かせて1フレットの端近くで押さえるしかないですね。
一応、それが正攻法らしいです…よかった…

実際よくないです…やっぱり指の固さは重要ですね…
やわらかすぎて練習後、跡が残っちゃいました。

セーハで苦戦した後の人差し指

まるでボンレスハムの縛り跡のようです。たぶん私の指はやわらかいんでしょうね。
だからといって時を待てはきつく、色んなやり方を研究するしかないですね…頑張ります。

ではおやすみなさい。